HomeScheduleInformationPhotography Discography
メンバー紹介
※ 写真をクリックすると拡大します
HUMBERTO PICHAMBA(ウンベルト・ピチャンバ)
音楽一家に生まれ幼少より父親達と演奏を共にする。 彼の兄「ホセ・ルイス・ピチャンバ」は、世界的に有名なエクアドル伝統民族音楽を伝承するグループ「ニャンダマニャチ」を立ち上げ、彼もメンバーの一員として活躍する。伝統民族音楽を得意とし、管楽器、弦楽器など様々な楽器を演奏するオールマイティなミュージシャンで、中でも彼の素晴らしい高音の歌声は多くのファンを魅了してやまない。
HECTOR MAIGUA(エクトル・マイグア)
幼少の頃より音楽に触れて育つ。 SISAYの初代メンバーから加わり、アジアや日本でも演奏活動を盛んに行う。キャリアが長く、またオールマイティーに楽器を扱う。2006年のアルバムでは作曲作詞に力を入れ、2007年2月のエクアドル民族音楽祭『エキノクシオ』にて、彼の作詞作曲した『カウサイ』がエコロジー賞を受賞した。
INTI PICHANBA(インティ・ピチャンバ)
モンセニョール シルビオ ルイス アロ学校卒業後、ルイス ウルピアノ デ ラ トレ技術専門学校にて音楽を専攻。両親からも音楽的影響を受け様々なアンデス楽器の演奏に精通し、その技量により音楽グループ『ニャンダ マニャチ』の一員となる。2010年、オタバロキチュアの青年で構成された音楽グループTAKISAY(タキサイ)結成に参加し、根気強い努力によりディレクターとなる。2013年8月5日、父親のホセ ルイス ピチャンバ レマチェと共に多数の文化イベントへ参加し、音楽文化の周知に貢献した功績をエクアドル文化遺産省より認められる。
ERICK MAIGUA(エリック・マイグア)
2014年、エクアドルコタカチのルイス・ウルピアノ・デ・ラ・トレを卒業。 サクソフォン奏法において音楽芸術の学位を取得。また、アンデス民族楽器のサンポーニャ、ケーナ、ロンダドール、チャランゴ、バンドリン、ギターの管楽器や弦楽器にも精通する。 ペグーチェティオ、サナイ、カウサイ、ニュカジャクタ等、数多くのグループとの演奏経験を持つ。
RICHARD DE LA TORRE(リチャード・デ ラ トーレ)
インバブラ州ペグチェを代表するキチュア音楽集団ニャンダ・マニャチのメンバー。 7年間にわたりギター、バンドリン、バイオリンを担当する。また、タキサイ、ニヤイ、カイジャ、アミゴスミジョナリオス、フヤイカウサイ等多くのオタバロやインバブラ州内のグループのCD製作へ参加し、ベース、パーカッション等も担当。責任感が強く前向きで判断力もあり、かつ柔軟により良い意見や提案を受け入れる。ニャンダ・マニャチでは音楽的素質と技術を基に、受け継がれてきた貴重な音楽文化の復興と振興に携わる。
HomeScheduleInformationPhotography Discography